toggle
2022-01-18

【旬のレシピ 1月】じゃがいもと春菊のジェノベーゼ風サラダ

じゃがいもと春菊のジェノベーゼ風サラダ

冬は空気が乾燥し、肌荒れに悩まされる季節です。肌荒れの原因は肌の水分バランスの乱れです。日ごろの保湿はもちろん、肌のバリア機能がきちんと働くように、栄養のある食事をとりたいですね。

肌のバリア機能に関係する栄養素は、主にたんぱく質やビタミンA・C・E・鉄などがあります。

今回はこれらの栄養素がしっかり摂れる、旬の春菊を使ったジェノベーゼ風ソースをご紹介します。

ジェノベーゼは松の実や粉チーズ、バジルを合わせて作るのが一般的ですが、バジルの旬は夏。

そのため、今回は代わりに春菊を使い、冬バージョンのジェノベーゼにしました。春菊には特有の苦みやえぐみがありますが、松の実や粉チーズのうま味やコクでマスキングされ、バジルとはひと味違った美味しさです。

パスタソースとしてはもちろん、肉や魚のソテーに合わせても美味しく召し上がれます。

☆材料(4人分) 調理時間 40分

【春菊のジェノベーゼ風ソース(作りやすい分量)】
春菊・・・・・・・・・・・・1束(正味100g)

AEXVオリーブオイル・・・・40ml
A松の実・・・・・・・・・・10g
A粉チーズ・・・・・・・・・大さじ1/2
Aにんにく・・・・・・・・・1/4かけ
A塩・こしょう・・・・・・・少々

じゃがいも・・・・・・・・・2個(300g)

塩・・・・・・・・・・・・・少々

いんげん・・・・・・・・・・8本(80g)

ミニトマト・・・・・・・・・4個(40g)

春菊のジェノベーゼ風ソース・・30g

レモン汁・・・・・・・・・・小さじ1・1/2

☆作り方
1.春菊は塩(分量外)を入れた熱湯で20~30秒茹でて冷水にとり、粗熱が取れたら水気をしぼる。

2.フードプロセッサーに(1)・Aを入れ、なめらかになるまですり混ぜる。

3.じゃがいもは皮付きのまままるごと蒸し器に入れ、竹串がスッと通るくらいまで蒸す。
  蒸しあがったら熱いうちに皮を除いて塩を振り、木べらなどで粗く潰す。

4.いんげんは塩(分量外)を入れた熱湯で1分30秒~2分茹でてザルに上げ、
粗熱が取れたら食べやすい長さに切る。ミニトマトは4等分に切る。

5.(3)・(4)・春菊のジェノベーゼソース・レモン汁を合わせ、器に盛る

関連記事