toggle
2022-12-01

【旬のレシピ 12月】里芋のポテトサラダ

里芋のポテトサラダ

里芋は古くから日本で食べられていて、芋だけではなく茎などの部位も芋茎(ずいき)・芋がらと呼んで利用していました。

その歴史から和食と相性がとても良く、煮物にするのが定番ですが、今回はじゃがいもの代わりとして洋食のポテトサラダにアレンジ。

里芋特有の粘りはマッシュするとクリーミーな舌触りになり、ベーコンのうま味とマヨネーズのコクがしっかり絡みます。

粒マスタードが味を引き締め、おかずだけではなくお酒のおつまみにもぴったりです。清潔な密閉容器に入れれば、冷蔵で3日程度保存できます。

里芋はじっくり時間をかけて蒸し上げた方が美味しいですが、時短で手早く作りたい場合は里芋を個別にラップに包み、電子レンジ(600W)で4~5分程度加熱しても調理できます。

☆材料(4人分) 調理時間 40分

里芋・・・・・・・・・6個(300g)

ベーコン・・・・・・・50g

玉ねぎ・・・・・・・・1/4個(50g)

サラダ油・・・・・・・小さじ1

しょうゆ・・・・・・小さじ1/2

A粒マスタード・・・・小さじ2・1/2

Aマヨネーズ・・・・・大さじ1・1/2

塩・粗挽き黒こしょう・少々

パセリ(みじん切り)・・適量

里芋の素揚げ・・・・・お好みで

☆作り方

1.里芋はよく洗い、蒸気の上がった蒸し器に皮つきのまま入れ、15~20分蒸す。竹串がスッと通るぐらいになったら取り出し、粗熱をとる。

2.玉ねぎは薄切りにし、熱湯で20~30秒茹でてザルに上げ、水気をしぼる。
 
3.ベーコンは5mm幅に切る。サラダ油を熱したフライパンで炒め、表面がカリッとしたら取り出す。

4.(1)の里芋の皮をむいてボウルに入れ、フォークなどで粗く潰し、しょうゆをからめる。(2)・(3)・Aを入れてサックリと混ぜ合わせ、塩・粗挽き黒こしょうで味を調える。

5.器に盛り、パセリを散らす。お好みで薄切りにしてカリカリに揚げた里芋を添える。

関連記事