toggle
2022-09-01

【旬のレシピ 9月】栗のお汁粉

栗のお汁粉

秋に旬を迎える栗を使って作る、いつもとひと味違うお汁粉です。

今回は、手に入りやすい栗の甘露煮と白あんを合わせた汁粉に、きびともち米で作ったモチモチで香ばしいきびもちをのせていただきます。

栗の主成分は炭水化物ですが、たんぱく質や脂質、ビタミンB1、B6、ビタミンC、カリウムなどの栄養素がバランスよく含まれ、疲労回復や美肌効果、免疫力アップなど嬉しい効果がいっぱいです。

きびは黄色くて粒々とした雑穀です。コクや甘みがあり、モチモチとした食感が魅力で、ミネラルや食物繊維が多く含まれています。

ほっこりと体が温まる、栄養たっぷりの栗のお汁粉を食べて夏の暑さで疲れた体を元気にしましょう。

☆材料(4人分) 調理時間 40分(浸水・炊飯の時間は除く)

【きび餅(作りやすい分量)】

もち米・・・・・・・・1合

もちきび・・・・・・・50g

水・・・・・・・・・・180ml

片栗粉・・・・・・・・適量

栗の甘露煮・・・・・・・150g

白あん・・・・・・・・・50g

水・・・・・・・・・・・300g~

塩・・・・・・・・・・・ひとつまみ

☆作り方

1.もち米は洗ってから1時間程度浸水し、ザルに上げて水気をよく切る。きびは目の細かいザルでサッと洗う。炊飯器の内釜にもち米・きびを入れ、分量の水を入れて炊き込みモードで炊く。

2.(1)が炊き上がったら熱いうちにボウルに移し、水で濡らしたすりこ木で粒が少し残る程度につく。片栗粉を広げた上に移し、ひと口大に丸める。

3.栗の甘露煮・白あん・水(200g)を入れ、なめらかになるまでミキサーにかける。

4.(3)を鍋に移し、残りの水を入れて中火にかける。全体が沸々としてきたら塩を入れ、全体を混ぜて火を止める。

5.(2)のきび餅をトースターなどで焼き、こうばしい焼き色がついたら取り出す。

6.(4)を器に注ぎ、(5)をのせる。

関連記事