toggle
2021-08-06

【旬の食材 8月】トマト tomato

夏祭りや花火、海、プールなどイベントが盛りだくさんの8月。イベント続きで体調を崩されてませんか?

今月の旬の食材は、トマト。

『トマトが赤くなると医者が青くなる』ということわざがあるほど栄養素をたっぷり含んだ緑黄色野菜です。

トマトの赤い色はリコピンという色素で、太陽の光をたっぷり浴びて真っ赤に熟したトマトほど豊富。普通の生トマトよりミニトマトの方が約7倍も含んでいます。

また、トマトケチャップや水煮缶、トマトジュースにもたくさん含まれています。

リコピンは油との相性が良く、一緒に加熱することで吸収力がアップします。

抗酸化力を持ち、さまざまなストレスで生み出され、ガンや生活習慣病の原因となる活性酸素を除去する働きがあります。血液中の悪玉コレステロールを低下させ、血液をサラサラにして動脈硬化の予防に働きます。

また、最近では脂肪細胞の増加を抑える働きがあることが分かり、ダイエット効果が期待されています。

うま味成分であるグルタミン酸も含まれており、脳の機能を活性化させ、認知症予防や記憶力を高める働きがあります。

日本の出汁と同じように南欧では、トマトのうま味を使ってさまざまな食材のおいしさを引き立てる役割を持っています。

うま味成分は減塩にも一役買ってくれるので、旬のトマトを食事に加えてみてください。

関連記事