toggle
2021-12-01

【旬の食材 12月】こんにゃく konjac

クリスマスや忘年会などイベントが多くなるこの時期は、とかく食生活が乱れがちです。胃腸が弱っている時は免疫力が弱まり、風邪やインフルエンザなどにかかりやすくなります。

栄養たっぷりの旬の食材を使用したお料理を食べて、元気に新しい年を迎えましょう!

今月の旬の食材はこんにゃく。

こんにゃくはこんにゃく芋を乾燥して粉末にした「精粉こんにゃく」と、こんにゃく芋をすりおろした「生芋こんにゃく」の2種類があります。

精粉こんにゃくは芋の皮を剥いているので白く仕上がりますが、黒こんにゃくは皮ごとすりおろした黒っぽい色を模して、ひじきなどの粉を使い、仕上げてあります。

こんにゃくは昔から「お腹の砂おろし」などと言われますが、それは主成分の食物繊維のグルコマンナンに優れた整腸作用があり、体の中の不要な成分を排出する効果が高いからです。

そのほか、糖質や脂質の吸収を穏やかにするため、生活習慣病予防にもおすすめです。開封後は一緒に入っていた水と共に容器に入れ、冷蔵庫で保存しましょう。

また、調理する際は熱湯で下茹でしてから使うことで特有の匂いが抜けます。

関連記事