toggle
2022-02-10

【旬の食材 2月】水菜 japanese mustard green

2月は節分・立春と暦の上では春ですが、旧暦では寒さがぶりかえし衣をさらに着るということで「如月」といい、だまだ寒い日が続きます。

今月の旬の食材は、水菜。

霜が降りる頃になるとおいしくなる京都原産の葉野菜で、京菜とも呼ばれます。京都を中心に関西で親しまれ、はりはり鍋などの材料として昔から食べられていました。

近年では、全国のスーパーなどでもおなじみの食材となり、お鍋やお漬物、生のサラダにするなど、使いやすく食べやすい野菜です。

ピリッとした辛みはイソチオシアネートによるものです。

わさびやキャベツなどにも含まれ、消化を助ける働きや、血液をサラサラにして血栓を予防したり、抗がん作用が期待できます。

ビタミンCやβ-カロテンも豊富です。ビタミンCは免疫力を高め、風邪の予防に働くので今の季節に摂っていただきたいビタミンです。

菌やウイルスから体を守るだけでなく、ストレスの緩和も期待できます。β-カロテンは、体内で必要な分だけビタミンAに変わり、皮膚や粘膜の健康維持、視力を正常に保つ働きがあります。

また、抗酸化作用もあり、体内の活性酸素を取り除いて老化防止やがん予防が期待できます。

油と相性が良く、お肉と一緒に食べたり、オリーブオイルなどでサッと炒めるとシャキシャキとした食感を楽しみながらβ-カロテンを効率良く摂ることができるのでおすすめです。

関連記事