toggle
2021-11-11

【旬の食材 11月】しいたけ shiitake  

11月は霜月。晩秋もいよいよ深まり、つるべ落しのように日が沈む季節です。朝・晩の冷え込みも厳しくなるので、この時期は体の中から温まるものをしっかり取り、免疫力が低下しないようにすることが大切です。

そこで今月の食材は、しいたけ。

きのこ類の中で栽培量が最も多いしいたけには、β-グルカンやエルゴステロール、エリタデニンなどの機能性成分が豊富に含まれています。β-グルカンは食物繊維の一種で、免疫力を高め、がん細胞の増殖を抑える効果があります。

エルゴステロールは、日光に当たると体内でビタミンDに変化します。そのため、干ししいたけには生しいたけの約8倍ものビタミンDが含まれています。

生しいたけであっても調理する前に30分ほど天日に干すだけでビタミンDの増加は期待できます。ビタミンDは、カルシウムの吸収を助けて丈夫な骨や歯を作るため、子どもの骨の発達や骨粗鬆症予防に欠かせません。

エリタデニンは、コレステロールの吸収を抑制する効果があるため、動脈硬化や高血圧予防につながります。

また、ビタミンB1・ビタミンB2・カリウム・鉄などもバランスよく含まれており、しかも低カロリーです。ダイエット中の方には、ぜひすすんで摂っていただきたい食材です。

関連記事