toggle
2022-12-01

【旬のレシピ 12月】チーズフォンデュ

チーズフォンデュ

本来はたっぷりのチーズを使って作るチーズフォンデュですが、今回は乳製品を使わずに作りました。

チーズのような発酵の香りは白みそや塩麹を使い、トロリとした食感は“もち”で再現しています。

チーズフォンデュは、ワインでチーズを溶かし、お好みの具材を絡めていただく料理です。

スイスの郷土料理として有名なチーズフォンデュですが、その他のヨーロッパの山岳地帯にある地域でも食べられています。

その土地毎に作られるチーズを使って作るので、様々な味が楽しめます。

ワインはアルコールと飛ばしていますが、お子さんやお酒が飲めない方がいる場合は量を減らしたり、その分の水分を豆乳や水で代用し、レモン汁を少し増やして作っても構いません。

乳製品にアレルギーをお持ちの方も一緒に楽しめるレシピですので、ぜひお試しください。

☆材料(4人分) 調理時間 30分

【フォンデュ】

スライスもち・・・・・75g

水・・・・・・・・・・50ml

豆乳(成分無調整)・・・150g

白みそ・・・・・・・・・10g

塩麹・・・・・・・・・・15g

レモン汁・・・・・・・・小さじ1/2

にんにく(おろし)・・・・少々

オリーブオイル・・・・・10g

白ワイン・・・・・・・・50ml

じゃがいも・・・・・・・2個

にんじん・・・・・・・1/2本

ブロッコリー・・・・・1/2株

ウインナー・・・・・・8本

バゲット・・・・・・・1/3本

☆作り方
1. 耐熱ボウルにスライスもち・水を入れ、600wの電子レンジで50~60秒加熱し、もちをやわらかくする。

2.ミキサーに(1)を液体ごと入れ、残りのフォンデュの材料を加えてなめらかになるまで回す

3.鍋に白ワインを入れて火にかけ、アルコールが飛んだら(2)を入れて全体をよく混ぜながら沸騰させ、1~2分煮る。味をみて必要であれば塩(分量外)で味を調える。

4.じゃがいも・にんじんは食べやすい大きさに切り、ブロッコリーは小房に分ける。
それぞれ熱湯で茹でて火を通す。
  
5.ウインナーは熱湯で1~2分茹でる。バゲットは食べやすい大きさに切り、軽くトーストする。

6.アツアツの(3)に(4)・(5)をつけていただく。

関連記事